ご依頼方法

法律相談の予約

まずはお電話又は相談フォームより、法律相談のご予約をお入れ下さい。法律相談をしたからといって必ずしもそのまま依頼しなければいけないという事はありません。また一体何が問題なのか分からないという場合にも弁護士に相談する事で物事が整理され、解決することもあります。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士と面談して法律相談

弁護士が直接法律相談し詳しい事情や状況を伺います。その上でお客様にとって最善の解決策をご提案いたします。ご相談にいらっしゃる際には事前に相談内容をメモにまとめたり、詳細がわかる資料などをお持ちになる事をお勧めいたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士に仕事を依頼したい場合

弁護士から今後取り得る解決策、見通し、必要な費用などの具体的な提案があります。その上で弁護士に依頼したいかどうか判断して下さい。もちろん大事な決断ですので、持ち帰りご家族と相談し、お考え頂いて結構でございます。そして弁護士が行う業務の内容、費用を十分に納得していただいた上で委任契約をします。

弁護士の活動開始

委任契約後、弁護士は直ちに活動を開始します。その後は、こまめにお客様と連絡をとって進捗状況を報告し、お客様のご意見を伺いながら、案件の対応を進めていきます。