メニュー 閉じる

Q. 相続放棄期間とされる3か月を経過してしまったのですが,もう相続放棄はできませんか?

 A. 3か月を経過していても相続放棄ができる場合があります。

民法上相続放棄の期間は被相続人の死亡を知ったときから3ヶ月とされていますので,死亡後から3ヶ月を経過してしまうと,その後に相続放棄手続をすることはできないようにも思えます。相続放棄の期間について定めた民法915条の条文の文言は,「自己のために相続の開始があつたことを知つた時」というものであるので,死亡の事実を認識していれば,「自己のために相続の開始があつたことを知つた時」に該当するように思うのが普通だと思いますし,実際に,そのように考えて,相続放棄の必要性を認識しながらも,既に死亡時から3ヶ月を経過しているからという理由で何もせずに,数年間経過してしまったという人もときどきいます。
しかし,この条文の文言を形式的に解釈してしまうと,とても不合理なことが起きてしまう場合があります。なぜならば,被相続人の死亡の事実を知っていても,例えば,後で多額の借金を背負っていたことが判明したときのように,死亡のときから3か月を経過していても,なお相続人に放棄を認めなければ不合理な場合が世上起こりうるからです。

そのため,この「3ヶ月間」という期間は,相当な理由があればある程度伸長が認められる場合があります。具体的には,民法第915条の「自己のために相続の開始があつたことを知つた時」とは,相続人がその原因たる事実の発生とともに,これがため自己が相続人となつたことを覚知することに,加えて,少なくと1積極財産の一部または消極財産の存在を確知することを要するものと解すべきであると考えられるという裁判例があります。この裁判例によれば,死亡の事実はわかっていた場合であったとしても,先程挙げた例のように,隠れた借金があったことが判明した場合には相続放棄が認められる場合があることになります。
また,相続人が複数人いる場合には,債務は法定相続分によって分割されるのが原則ですが,このような場合には他の相続人が相続放棄をするかどうかによって一人ひとりの相続する債務が変動する可能性があります。なぜならば相続放棄をした場合には,その放棄をした人はもとから相続人ではなかったこと(全く相続とは関係のなかった人と同じ)になるからです。そうすると,他の相続人が相続放棄をするかどうかによって債務の変動が生じる場合があり,このような相続債務の変動を理由に,相続放棄により最終的な相続債務の額が確定したときから相続放棄の期間を算定するのが相当であるとした裁判例も存在するようです。
ちなみに,相続放棄期間3か月が事情によっては伸長されるということは弁護士でも誤解している人がときどきいます。

Posted in FAQ , 相続の放棄