メニュー 閉じる

形見分け

形見分けをすることができるのは相続財産を構成しない財産だけです。また,形見分けに経済的価値がない場合であっても,関係者の様々な感情から思わぬ紛争に発展する場合がありますので,慎重に話し合いをする必要があります。

Posted in 遺品整理