メニュー 閉じる

なぜ死後事務委任契約が必要なのか

死亡時にはたとえ生前あなたと親しい関係にあった方であっても葬儀や納骨に関する事務を行うことはできないのが原則です。しかし,死後事務委任契約を結んでおけば,あなたがお亡くなりになったあとでも,委任契約を結んだ人は,受任した事務を有効に遂行することができます。具体的には次のような事項を委任することができます。

⑴ 医療費の支払いに関する事務
⑵ 家賃・地代・管理費等の支払いと敷金・保証金等の支払いに関する事務
⑶ 老人ホーム等の施設利用料の支払いと入居一時金の受領に関する事務
⑷ 通夜,告別式,火葬,納骨,埋葬に関する事務
⑸ 菩提寺の選定,墓石建立に関する事務
⑹ 永代供養に関する事務
⑺ 相続財産管理人の選任申立手続に関する事務
⑻ 賃借建物明渡しに関する事務
⑼ 行政官庁等への諸届け事務
⑽ 以上の各事務に関する費用の支払い

Posted in 死後事務委任